ダイエットは何度もやりました

以前から私は、体重を落とすためのダイエットを何度もやりました。
今でも時折、実践してる方法が、プチ断食ダイエットです。
プチ断食ダイエットの日は、用事がない日を選んで、水以外は何も摂取しないようにします。
明くる日の朝は、お粥のような胃にやさしい食べ物を食べて、後は普通にご飯を食べても構いません。
月に1回程度なら胃のリスタートにもなって体にも良い感じですよ。
ダイエットを長い間継続していると、カロリーを計らなくても、大まかですが、摂取カロリーが見当がつくようになってきます。
肉に米、野菜をこのくらい摂取したら、今日のランチはこれぐらいのカロリーを摂ったという具合にわかるのです。
以前の私はかなり太っていた頃があるため、しょうがないのですが、あの時期を思うとちょっぴり切なくなります。
どうしても避けられないのが痩せなくなってしまう時期です。
この時期にどうしたらいいのかと言うと、そこでダイエットを挫折する人も結構いますが、そんなものだと思うことが大事です。
もし、運動をしなくなったのなら、食べ物のカロリーチェックだけは継続したり、食べもののカロリーを気にしないのなら、運動だけでも継続しましょう。
確か20年くらい前の話になりますが、その頃、流行していた減量効果があるらしい外国製のサプリを試しに挑戦してみたことがありました。
飲んでから少し時間が経ったら、胸が急に苦しくなったり、息切れが発生したりしました。
期待どおりの結果だと判断すればいいのか、体に合わないのか判断できず、怖くなってしまい、たった一本で飲むのを中止することにしました。
そのため、全く体重も変化しませんでした。
短期間でしかも健康的にダイエットするには水泳がベストです。
走るなどは苦手だという方でも、水泳ならば浮力が助けとなり、体も楽ですし、泳ぎ終わったら心地よい疲労感が残っています。
ダイエットをするために沢山の人が水泳をしていますから、1人で泳いでいようと全く恥ずかしくないです。
それに、水泳は予想以上にカロリーを使うので、続ければ比較的に楽に痩せられます。
ダイエットして痩せようと決めた時が、一番意気込みに満ち溢れているといえるでしょう。
ダイエットを達成させる為には、痩せるぞ!絶対!という思いを長く維持することが重要だと思います。
ただし、最初から頑張りすぎるとダイエットに挫折しやすくなるので、スタートはゆっくりが良いですよ。
bbbのダイエットの効果と口コミでも若い頃は基礎代謝が高い数値にあるので、多少食べ過ぎて体重が増えたとしても、しばらくしたら元に戻るという事が多いと思います。
でも、歳をとるにつれて基礎代謝力が衰えてしまい、それと同時にエネルギーの消費量も下がるので、何の運動もしなければ太りやすい体になっていきます。
出産を終えて、増加した体重とたるんだおなかを元にもどすために、ダイエットと一緒に生まれてこのかたしたことがなかった筋トレをしました。
私の場合は母乳だけを飲ませているので、予定どおりにダイエットはできなかったのですが、筋トレはかなり熱心に鍛えました。
そのため、約6か月くらいである程度元の体型に戻った感じになっています。